日記 貸金庫

2009年08月21日

みずほ銀行の貸金庫

みずほフィナンシャルグループの傘下で、日本の三大メガバンクのひとつに数えられているみずほ銀行は、いうまでもなく日本最大手の銀行です。
みずほ銀行は、貸金庫もしっかりと常備しています。

みずほ銀行の貸金庫は、手動型、半自動型、全自動型の3つになっています。
種類としては基本的なものをしっかり揃えているという形ですね。
開閉方法も、貸金庫の種類にあった鍵や暗証番号を用いて行うというスタンダードなものです。
格納可能な物においても、特別な特徴はありません。
危険物や変質する可能性のある物を除けば、基本的には何でもOKです。

サイズや料金に関しては、各店舗で異なります。
その為、厳密なサイズ、料金を知りたい場合は、自身が口座を作っている銀行に問い合わせなければなりません。
目安として、本店における10.6cm×25.1cm×51.7cmのサイズの半自動型貸金庫を利用する場合、年額28,350円の支払いが必要となります。
ひと月に換算すると2,363円です。
これくらいの料金が、大体の相場と考えていいようです。

みずほ銀行の貸金庫の特徴は、やはり大手であるが故の安心感に他なりません。
銀行が潰れるというこの時代、銀行に預けていれば問題ないというわけにもいきません。
どの銀行ならば、100%潰れる事はないと言えるかというと、やはり大手、それもメガバンクと呼ばれるようなところという事になります。
みずほ銀行は、そういったメリットがあるわけです。

タグ:貸金庫
posted by 貸金庫さん at 03:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

三井住友銀行の貸金庫

貸金庫を取り扱っている銀行は非常に多いです。
その中でも特に大手銀行といえるのは、やはり三井住友銀行でしょう。
いうまでもなく、日本国内最大手の銀行です。
それだけ規模が大きいという事は、その安全性は非常に高いといえます。
そんな三井住友銀行の貸金庫について、ご説明していきます。

三井住友銀行の貸金庫は、通常貸金庫で保管可能とされているものは全て預ける事ができます。
利用者も、個人、法人共に問題ありませんが、貸金庫を利用する店舗で既に口座を保有している事が条件となります。
利用時間は、営業時間内となっているようです。

貸金庫の種類は、かなり豊富です。
通常は全自動、半自動、手動の3タイプとされている中、この銀行では4種類の貸金庫を用意しています。
上記の3つに加え、簡易貸金庫というさらにコンパクトサイズのものを設置しているのです。
その為、個人でも利用しやすくなっています。

具体的なサイズは店舗によって異なります。
そのサイズによっても値段が変わるので、一定料金という事にはなりません。
例として挙げられているのが、東京営業部の7.5cm×28.0cm×53.5cmのサイズの金庫です。
簡易貸金庫の利用料金は、半年で14,175円となっています。
ひと月あたり2,362円です。
これなら個人でも十分利用可能なレベルですね。

三井住友銀行の貸金庫のメリットは、やはりその安全性に尽きるでしょう。
日本最大手の銀行に預けるという安心感は、他ではなかなか代わりが利きません。


タグ:貸金庫
posted by 貸金庫さん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

貸金庫の大きさ

貸金庫を利用する場合、預けるものの大きさや量によっては、貸金庫そのものの大きさに関しても、ある程度考慮する必要が出てきます。
では、貸金庫はどれくらいの大きさの範囲で存在しているのでしょうか。

貸金庫の大きさは、金融機関によって様々です。
そして、同じ金融機関であっても、何種類ものサイズを用意しているケースがほとんどです。
サイズによって値段も変わってくるので、サイズ選びは重要です。
もちろん、預けるものの大きさや形状によって決めるわけですが、できるだけ最小のものを選んだ方が、コスト面では有利でしょう。

貸金庫の場合、大体大きいものでは幅と高さが30cm前後、奥行きが50cm以上の金庫となっています。
これ以上大きな書類などを保管するケースはほとんどありませんので、妥当なところでしょう。
小さいものになると、幅も奥行きも25cm程度、高さは5cmくらいのものもあります。
A4の書類の場合は、これだとちょっと対応できませんね。
B5でギリギリです。
つまり、このくらいのサイズの金庫の場合は、書類ではなくアクセサリーなどの貴金属を預ける場合に利用する事になるということです。

基本的には、預けるものを施設側に見せる事で、どのサイズが適当かというのは教えてもらえます。
ですので、利用者の方が気にする必要はあまりないでしょう。
よほど大きいものでない限りは、どの施設の貸金庫でも十分預かってもらう事は可能なはずです。
その辺りの事は気にせずに預けに行きましょう。
タグ:貸金庫
posted by 貸金庫さん at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。